[Get Picture]

迷惑客やつきまとい

基本的な対処や法的措置に関する考察というのは、ストーカー事案と同様となります。

被害者サイドとなる店舗等が、損害賠償請求を「留保」や「許す」場合には、 誓約書や合意書等を作成することになるかと思いますので、 まずは、当事者間において行政書士費用の負担割合についてから考察を開始してもよいかもしれません。
特に、出入り禁止の誓約書等の賠償金がない話であれば、 被害者側が費用負担すれば、更なる支出になってしまいますので、加害者が全額負担をされるケースというの多いです。

特に警察を介入させない場合には、密室性を生じてしまいますから、 強引に誓約書に一筆をとらせたり、不当に迷惑料等の金銭を請求すれば、それ自体が問題となってしまう可能性が ありますので、不安がある方は、書面チェック等の継続相談をされます。

いかなる立場であろうと真摯に問題解決されたい方には書面サポートをしておりますので、 例えば、デリヘルやソープランドにて、本番行為や盗撮行為等をしてしまった方やキャバクラ等で女の子にむりやり猥褻な行為をしてしまった という立場の方もご相談にみえます。
風俗店トラブルの場合には、店舗からすれば、明らかに迷惑客であっても、加害者は「風俗店の背後に暴力団」のような固定観念をもたれている方も多数おられ、 過度の不安と警戒をされる方もおります。
「じゃ最初からやるなよ」となりますが、そもそも、罰金支払いや誓約をするという意思があるからこそ、 お金を払って我々に相談するのであって、「酔っていて」「魔がさして」等の後悔を述べる方が多く、 しっかりとした書面があれば、誠意をもって対応する気のある方が多いです。
書面もなく、口頭で罰金だけを請求されると「示談による清算」という物的証拠が 手元に残りませんから、店舗側に特に悪だくみがなくとも、後から追加で何か請求要求されないかな?等不安になります。

加害者の方から、店舗等に提示する示談書の起案作成依頼を受ける事もあり、 被害者が示談に応じてあげる気があるのであれば、やはり書面というのがあった方が両当事者にとって良いのかと思います。
加害者との話し合いがまとまってからご依頼を頂くというよりは、 費用負担等の話し合って書面に盛り込むべき事項を一緒に考えるという方が良いかもしれません。

迷惑防止条例

定義として恋愛感情等に起因するものがストーカーとなりますので、 そういった感情的な動機がなくとも迷惑な行為をすれば、条例違反となります。
なお、千葉県の場合は、正確には
「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」
といい、同性であろうが、たとえ行為者が恋愛感情を否定していようとも、 処罰の名称がかわるだけで、当然に被害者を保護すべき法的措置をとることができます。

客等だけでなく、元従業員による嫌がらせ等というのも多く、 程度問題等も考察しながら対応していきます。
下記条項等をご覧いただければわかるとおり、
第11条
何人も、みだりに、特定の者に対し、追随し、待ち伏せし、又は住居、勤務場所、学校等を訪れ、かつ、言い掛かりをつけ、すごみ、身体、衣服等を捕らえる等不安又は迷惑を覚えさせるような方法で、執ように、つきまとい、又は面談その他義務のないことを行うよう要求してはならない。
第13条
第3条第2項、第11条又は前条第1項の規定のいずれかに違反した者は、6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。
2 常習として第3条第2項、第11条又は前条第1項の規定のいずれかに違反した者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
罰則もストーカー規制法違反の同じです。
また、当然に盗撮や嫌がらせ電話等も条例違反となります。
ですから、ご自身の解釈としてストーカー被害とは言えないと判断されるのではなく、 被害にあっていると感じれば、直ちに警察や我々にご相談をください。

迷惑客への行政書士事務所の関与

「客商売だから」
無理に自己に言い聞かせて我慢なされたり、トラブルは面倒くさい等もあるかと思いますが、 やはり受忍の限度はあって当然だと思いますし、放っておけばエスカレートする危険性があるのはストーカーと同じです。
弁護士に依拠すれば、損害賠償請求の訴訟だけでなく裁判外での代理交渉等もしてくれますが、 相応の報酬が生じます。
行政書士のメリットは、刑事告訴を職域とした費用面ですので、ストーカー事案同様に、 フットワークも軽く、タイムチャージ制での報酬料金というのも弁護士よりも格段に低額となります。
物的証拠の確保等を探偵に依頼すると採算性があわなくなることも多いですから、 できる所は自分でやるという場合には、弁護士へ継続相談をしながら、現場要員的に行政書士でも良いのかもしれません。
法律問題として扱うこととの線引きに慎重を要するのはストーカー事案同様デリケートなところですが、 不当要求や恐喝脅迫、従業員に対する嫌がらせ等だけでなく、 店舗等の施設内で客と客の間でのトラブルを放置すれば、悪い評判や客離れ等の副次的損害ももたらします。
若しくは、客がストーカー等被害にあっているのであれば、無理をしない程度にかくまってあげても良いかもしれません。
しかし、ご注意頂きたいのは、問題にむやみに深入りしないことです。
標的が店舗等に変わる可能性すらもあります。なかには警察を呼んだだけでも逆恨みされてしまうケースすらあるのですから、 慎重に検討のうえ対処すべきかと思います。

迷惑客への法的措置

法的措置と言っても、基本的には警察介入とが基本となるかと思います。 「業務妨害」や「器物損壊」であれば補償や弁償という民事問題的側面もでてきますが、 そこまでに至らないよう予防法務という概念を持つ必要があります。
迷惑行為や出入り禁止の和解であれば和解書や誓約書を作成いたします。

「窃盗(万引き、置き引き)」や「暴力」、「脅迫強要」といったものだけでなく、 「不退去」や「信用棄損」や「業務妨害」といったものは刑法上の罪ですし、他に
飲食店等の公共の娯楽場において〜著しく粗野又は乱暴な言動で迷惑(軽犯罪法)等もございます。
未成年者の飲酒や喫煙を禁止する法律では、販売や提供した営業者にもペナルティがでてしまいます。

行政書士事務所を土俵にあげる

「毅然とした態度で」というのも、言うは易し行うは難しです。

迷惑客を注意するのが怖い場合もあるかと思います。また、 現行犯に対する「私人逮捕」や「施設管理権を有する者の権限での注意」というのも許容範囲の問題等がでてきます。
そして、ストーカー事案同様に「警察は、証拠や実害がないと動いてくれない」と嘆くのではなく、積極的に警察が介入しやすいように動けばよいのです。
かといって最初から刑事告訴するのではなく、「告訴を視野にいれつつ動く」「継続して警察に相談をしていく」というのが基本になるかと思います。 そこで、我々を積極的に活用していただく価値がでてきます。
ストーカー事件同様に眼前の危難を差し当たって防御したり、損害の拡大を防ぐ為の書面を行政書士に依頼し、 その後の損害賠償請求等を弁護士に依拠するという2段構えの検討も事件によっては有用です。

ですから、積極的に我々を現場に呼んでいただき、 証拠収集や警察相談の同行させて頂く等にご活用頂ければと思います。

まずは無料相談にて、費用をかけて我々を介入する価値があるのか?や弁護士へ依拠する価値があるのかについてを一緒に検討いたしたく思います。
他にも警備会社や探偵等といった選択肢もある訳ですから、柔軟に対処していきたく思います。

必要でしたら、顧問契約というのもございます。弁護士と違って月額数千円からでも契約できますし、 1か月単位で契約しております。予防措置的に店内見やすい場所に当事務所が顧問であることを証する標識等掲げて頂いてもよいかと思います。

当事務所は、ストーカー等とも平常的に対峙しておりますので、機材等もストーカー事案のものが流用できますし、 行政書士事務所のなかでも、それなりに有用性がある方だと思います。

酒を提供する店等

「酒に酔って公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律」
第2条
すべて国民は、飲酒を強要する等の悪習を排除し、飲酒についての節度を保つように努めなければならない。
こんな法律もあります。主に警察官が積極的に泥酔した者を介抱等の処置ができるよう権限を定めたりされておりますが、 実は、昭和36年に施行された法律です。
普段はおとなしい方でも酒がはいると、とんでもない事をしでかしてしまう可能性もあります。 被害が発生してからでは遅いですし、お店だけでなく、酔っ払い客自身の為にも、マズイなと思ったら、 早めに警察を呼んであげてください。別に逮捕される訳ではないので。

常習的に酒を飲んで暴れたり、お店に迷惑をかける客であれば、相応の対処も必要になるかと思います。
既に損害が生じてしまったあとだとしても、わりと示談で済ますケースが多いかと思います。
相談者の心情を第一に、穏便な解決を一緒に考えるというのは、ストーカー等事案に限ったはものではありません。

当事務所では、ストーカー事案等で深夜1時等に電話が鳴る事も何らめずらしくありませんので、 携帯の方にお電話いただいたり、事前にお約束頂ければ交通手段が確保できれば出張しております。

043−372−8513、週末夜間も080−5012−1148


大きな地図で見る

ご相談者の多い地域
千葉市花見川区、千葉市中央区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市美浜区、千葉市緑区、船橋市、習志野市、鎌ヶ谷市、市川市、浦安市、四街道市、八千代市、酒々井町、冨里市、成田市、八街市、柏市、松戸市、白井市、印西市市原市、袖ヶ浦市、茂原市、東金市、東京都江戸川区、他の遠方地域の方からもご用命頂いております。

ページ上に戻る

事務所概略

千葉県行政書士会所属

〒262−0022

千葉市花見川区南花園1−42−1

 イーストサイドテラス103号室

JR新検見川駅前(徒歩3分)

[Get Picture]