[Get Picture]

警察の民事不介入

ストーカー被害自体に悩むだけでなく、追い打ち的に、 警察に相手にされない事での失望を抱く方も沢山おられます。
事情は様々ですが、ストーカーと被害者との因縁、関係性等の事情から警察より、
「それは民事でやってください」「話合いで解決してください」
等を言われることがあります。

民事問題であったとしても、ストーカー被害的な要素がある場合には、 被害が継続する可能性があるという点で詐欺被害等とは異なりますから、

「実際に被害にあってからでは遅いだろう。」

と思うのは当然で、 ここで警察不信を抱かれてしまう方も多いのですが、それは良くない傾向です。
多くは、警察から
「殴られたり、家に押し掛けられる等あれば、すぐに110番通報してください」
等もあわせて告げられる事が多いかと思います。

現につきまとい等を継続して受けているのであれば、実際「すぐに」110番通報をする必要があり、
「以前、〜警察署の生活安全課に相談に行った際、〜の場合には、通報するよう指導を受けました。」
のような、通報するきっかけをつくることができますから、「警察に相談した」という足跡事実は、 決して無駄ではないと思います。
ゴキブリが出て110番したり、深爪で救急車を呼ぶ方もいる世間ですが、 全然事情が異なります。警察から直々に指導を受けたのですから。

なかなか110番通報というのも大袈裟な気がして躊躇されるのかと思いますが、 明確に拒否しているにもかかわらず、家に押し掛けられたりしているのであれば、 実際に通報しなくては、ストーカーも「通報されない」ということを学習してしまいます。 リピートやエスカレートを懸念するのであれば、迷わず通報をすべきだと思います。

「通報してくれれば現認で職質かけられるから、通報してくれた方が警察としてもやりやすい」 と言われた事もあります。

民事問題が根底にある場合には、弁護士に依拠する等して、民事問題の解決という明確な線引きをしたうえで、 それでも尚ストーキングが続くのであれば、弁護士や警察からのトップダウンとして、 我々が内容証明等の通常のストーカー対策をとることもあります。

弁護士報酬が大きな負担となる場合もあるかと思いますので、 経済的事情も率直に弁護士に相談すれば、法テラスや本人での調停申立等といった方法論の助言もらえると思います。

ストーキングの因果関係に民事問題がある場合には、ストーカー側にも言い分がある可能性はあります。
当事務所では、冤罪的事件を含むストーカー側からの書面作成等の相談も受けますが、 相応に正当性を有する言い分がある場合であれば、基本的には直接折衝(電話や押し掛け等)しないで、 弁護士に相談や依頼して代理人や司法の介入等を提案したり、 我々で、必ずしも内容証明でなくとも普通郵便も代書しますので、 郵送という間接的な方法をとることもあります
それでも警察が介入するのであれば、やはり
「民事問題に警察が介入するのはおかしい」
と警察に抗議する意思をもつと思います。

たとえ民事問題であろうと、当然に民事交渉としてのルールや良識というのが存在するのですから、 それを逸脱されるのであれば、警察に通報をすれば、当該逸脱した部分に関しては、 ストーカーに対して注意等をしてくれます。当然に酷ければ注意に留まりません。

これは、ストーカー事犯に限った話ではなく、交通事故や暴力団の民事介入問題でも同様です。
「損保会社や弁護士に任せているから、そちらと話してくれ」と言っても自宅や職場に押し掛けられる場合があります。
相手の立場からすれば、プロと交渉するよりも、本人から一筆等とる方が、やりやすいのは当然と言えば当然です。 その為に代理人窓口を依頼するのですから。
このような場合、通常は、警察だけでなく弁護士からも通報するように指導されると思います。
そこで、本人が通報しないのであれば、弁護士も不可能を可能にしてくれるわけではありませんから、 足並みも揃わず、せっかく弁護士にお金を払って委任しても良い結果には至らないと思います。

ですから、たとえ民事問題であるとの自覚があったとしても、相手方が常軌を逸した折衝をしてきたり、又はその可能性が高い場合等には、
1.どのような場合に通報すべきか等を警察に相談する
2.実際に事態に遭遇した場合に直ちに通報する
という心構えで良いと思います。
警察にも、率直に
「これこれこういった危険性のある相手と対立してしまっているので、 別に警察に解決を依頼しようと思って相談にきたのではなく、事態を注視しておいてもらいたく相談にきました。」
と伝えても良いのかもしれません。

あくまでも一般論であり、通報しただけで逆恨みするようなストーカーも実際にはいますので、 個別事案にもよると思いますが、通報しない方が良い事案というのは極めて少数のような気がします。 自己判断で駆け引き的要素があると思い込み、警察にすら相談していないのであれば、 それはもうストーカー被害とは言えない問題だと思います。
警察はどうせ何もしてくれないと思い込み、相談すらしていないのであれば、 布石的要素としての相談履歴という足跡事実価値についても検討してみても良いのかもしれません。


大きな地図で見る

ご相談者の多い地域
千葉市花見川区、千葉市中央区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市美浜区、千葉市緑区、船橋市、習志野市、鎌ヶ谷市、市川市、浦安市、四街道市、八千代市、酒々井町、冨里市、成田市、八街市、柏市、松戸市、白井市、印西市市原市、袖ヶ浦市、茂原市、東金市、東京都江戸川区、他の遠方地域の方からもご用命頂いております。

ページ上に戻る

事務所概略

千葉県行政書士会所属

〒262−0022

千葉市花見川区南花園1−42−1

 イーストサイドテラス103号室

JR新検見川駅前(徒歩3分)

[Get Picture]